Browsing 91.言語教育センター紀要 Center for Language Education: Annual Review of Language Learning and Teaching by Issue Date

Browsing 91.言語教育センター紀要 Center for Language Education: Annual Review of Language Learning and Teaching by Issue Date

Sort by: Order: Results:

  • ペニントン, 和雅子; 鳥越, 千絵; 雪丸, 尚美 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2011-03)
    西南学院大学言語教育センターは, 言語教育に関する方針とプログラムを作成,実施し,全学的な言語教育を推進, 運営する役割を担っている。本研究では,今後策定される言語プログラム作成の予備的調査として, ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)の自己評価表の本学での応用可能性を探るべく,またCEFR を基準とした本学学生の英語運用能力自己評価を測定した。調査の結果,CEFR の自己評価表は,概ね本学の英語教育プログラム作成の際にも応用できる可能性が ...
  • 秋山, 淳 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2011-03)
    動詞+結果補語を持つ構文( 以下VR 構文) は(A)“ 武松打死了老虎” の“ 打死” のように主語の動作が目的語に何らかの影響を与えるという使役的な意味を表すもののほかに(B)“你看完这本杂志了吗? ” の“ 看完” や(C) “ 他喝醉了” の“ 喝醉” のように非使役的な意味を表すものも存在する。一方,英語では中国語のVR構文に相当する(D)“John hit the metal flat” のような結果構文は(A)と同様に使役 ...
  • Myall, Joseph (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2011-03)
    This is a pilot study in preparation for a larger-scale survey to be carried out at the start of the 2011 school year.A class of fifty first-year students from the Education faculty were asked to write self-introduction,first ...
  • ペニントン, 和雅子 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2011-03)
    外国語学習者の多くが,学習方法に悩みを持ち,自分自身で解決することに困難を覚えている。学習にあたって適切な目標を立て,効果的な方法を用いて学習を継続し,学習効果を適切に評価するのは容易なことではない。このような外国語学習の問題を解決する方法の一つとして,学習ストラテジーの指導がある。本稿では,まず,日本人大学生が抱える英語学習方法の問題点を分析し,次に自律した学習者育成に向けた学習ストラテジー指導の必要性について述べる。そして,対象とな ...
  • 雪丸, 尚美 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2011-03)
    近年,音読指導が日本人英語学習者の読解能力の向上に効果があることが明らかになっている。しかし,その効果は学習者の熟達度の相違により異なっており,どの程度の熟達度の学習者までその効果が期待されるかを考慮して研究を進めることが必要であると予想される。そこで本研究は,熟達度の分布範囲が広い中級程度の大学生英語学習者を対象とした音読指導が,英語読解能力の向上に効果をもたらすという仮説を検証した。本論文では,初めに音読と読解能力との関係についての ...
  • ペニントン, 和雅子 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2012-03)
    本稿は,学習者が大学で英語を学習する目的意識を分類し,量的に調査した結果の報告である。本研究では,英語学習の目的を言語,教養,功利,理想の4つの目的に分類し,316人の大学生を対象に目的意識に関する23項目の質問票調査を実施した。その結果,功利目的が最も高く,続いて教養目的,言語目的,理想目的の順となった。しかし各目的の内容を精査すると,学習者の目的意識は多様で複雑であることが分かった。功利目的は,単位取得や就職など現実的な利益に関わる ...
  • 雪丸, 尚美 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2012-03)
    本稿は,日本人英語学習者を対象とした多読(extensive reading)活動の効果について検証した結果を報告する。本研究では,135人の日本人大学生を対象に15週間の多読活動を実施した。多読の実施前後にエジンバラ多読プロジェクト(Edingbrough Project on Extensive Reading)作成の多読テストと空所補充テストを実施し,その伸長率を測定した。また,英語学習と多読に関する参加者の意識調査も行った。対応 ...
  • 秋山, 淳 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2012-03)
    アスペクト表現は,中国語教学上において,困難を極めるものの一つであると考えられる。本稿は,中国語のアスペクト表現,中でも“了”を伴う文が一体何を表現しているものなのかについて,先行研究を再整理し,中国語教育における補助的な役割を目指すものである。
  • 秋山, 淳 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2013-03)
    石村(2000,2008)では,前項動詞(V)+後項動詞(R)の結果補語を持つ他動詞文は使役義を持つことを指摘している:(a)武松打死了老虎。ところが,そのほかに,使役義を持たないVR他動詞文も存在する:(b)这本书已经看完了。そこで,VR 他動詞文が使役義を持つものと非使役義を持つものの両方が存在する原因について,先行研究を再整理し,中国語教育における補助的な役割を目指すものである。
  • 冬野, 美晴 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2013-03)
    本稿は,2012年度後期に大学1年生41名を対象に実施した英語科目の講義における,英語発音評価ソフトウェア「Global Voice CALL」の使用と,ソフトを使用した発音練習に対する学生からの評価を報告するものである。近年,コンピュータ技術の発展に伴って,音声認識技術を応用したスピーキング練習用のさまざまなソフトウェアやウェブベースの教材が開発されている。Global Voice CALL は主に英語のスピーキング練習と発音矯正を主 ...
  • ペニントン, 和雅子; 雪丸, 尚美 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2013-03)
    This exploratory study investigated the effectiveness of extensive reading (ER) on the development of Japanese university students’ reading rate and their beliefs and attitudes towards reading English texts. In the second ...
  • 冬野, 美晴; 濱, 奈々恵; Myall, Joseph; 雪丸, 尚美 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2014-03)
    This article discusses the effects of the experience of English recitation on Japanese university students by analysing results of questionnaire surveys which were performed on students who participated in an English ...
  • 濱, 奈々恵 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2014-03)
    本稿は平成25年度の2年次英語教育で,シャーロック・ホームズのテキストを使った授業の実践報告と,初回,及び学期末アンケートの結果を分析・考察するものである。近年,英語運用能力の中でも特にコミュニケーションが重視され,TOEIC,TOEFL,英検などの数値がコミュニケーション能力の評価に利用されることが多い。しかしこの「コミュニケーション」が指す意味は漠然としており,学生の間でも「英語を」話したいという意見は目立つものの,「英語で何を」話 ...
  • 秋山, 淳 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2014-03)
    本稿は,中国語の動詞+結果補語の構文(以下VR 構文)は(ⅰ)NP +了,(ⅱ)AP +了,(ⅲ)VP +了が共通に持つ「推移(変化)」という概念を引き継いでいるだけで,VR 構文がどのような意味を表しているのかは,V やR 自体が表す意味,VR 構文に現れる主語や目的語のNP なども関係していること,即ち,中国語母語話者の知識(百科事典的知識または理想化認知モデル:ICM)が影響していることを考察するものである。
  • 王, 其莉 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2014-03)
    本文通过考察日本文部省对“教养”的界定,认为日本二外汉语教学除了汉语知识点以外,应该在教学目标中加上“引发学生学习汉语的愿望”这一条,并在此基础上提出了可以有效实现其教学目标的教学模式,即汉日对比法和提问法相结合的教学模式。采用汉日对比法可以使学生真正理解和掌握知识点,采用提问法可以使教学以学生为主。教师的具体操作程序是:提问→提示→说明→强化训练。与之相对应,学生所进行的活动是:思考问题→得出自己的答案→确认答案正确与否,并且得到理论 ...
  • Myall, Joseph (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2014-03)
    Whereas the listening section of the TOEIC listening test includes conversations on where to go for dinner or what happened last weekend, the reading section focusses entirely on business, careers and finance. This is to ...
  • 銅堂, 恵美子 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2015-03)
  • 濱, 奈々恵; 銅堂, 恵美子; マイオール, ジョセフ; サボン メラス, パトリシア (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2015-03)
  • Savon, Meras Patricia (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2015-03)
  • 濱, 奈々恵 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2015-03)