Browsing 91.言語教育センター紀要 Center for Language Education: Annual Review of Language Learning and Teaching by Title

Browsing 91.言語教育センター紀要 Center for Language Education: Annual Review of Language Learning and Teaching by Title

Sort by: Order: Results:

  • 萱嶋, 崇 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2018-03)
    本稿では、1 節で2017 年度の授業実践報告を行い、2 節で英語習得に関する問題点の報告とこれに対する提案を行う。授業実践報告は、言語教育センターの設備の活用をテーマとしている。スピーキングの授業は日本人の性格から、学生が積極的に参加できないことが問題点として頻繁に挙げられるが、ヘッドセットや録音機能がこの問題を解決したことを報告する。一方で、ペアワークには絶大な効果を持つ同設備であるが、グループワークに用いるには問題が残る。英語習得 ...
  • Thompson, Colin (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2017-03)
    The term fluency has been used interchangeably amongst English language teachers as well as researchers, and as a result, various definitions have been put forward along with varying measures to assess it. This paper reviews ...
  • 冬野, 美晴; 濱, 奈々恵; Myall, Joseph; 雪丸, 尚美 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2014-03)
    This article discusses the effects of the experience of English recitation on Japanese university students by analysing results of questionnaire surveys which were performed on students who participated in an English ...
  • Curtis, Timothy (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2017-03)
    Contract bridge is known around the world for being one of the most interesting and challenging card games. Although it has typically been considered to be a game, something done for fun in one’s free time, bridge has value ...
  • Savon, Meras Patricia (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2015-03)
  • Myall, Joseph (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2011-03)
    This is a pilot study in preparation for a larger-scale survey to be carried out at the start of the 2011 school year.A class of fifty first-year students from the Education faculty were asked to write self-introduction,first ...
  • Savon, Meras Patricia; Finlayson, Maureen; Stec, Maria (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2017-03)
    Japanese students that go abroad to pursue university studies require proficiency in English language to succeed academically. The goal of this paper is to examine how the selected course books address cultural elements ...
  • ペニントン, 和雅子; 雪丸, 尚美 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2013-03)
    This exploratory study investigated the effectiveness of extensive reading (ER) on the development of Japanese university students’ reading rate and their beliefs and attitudes towards reading English texts. In the second ...
  • Brown, Vincent Ronan (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2019-03)
    The reading response notebook has been regarded as an effective means of involving students in genuine reading and writing activities. I have implemented an extensive-reading response notebook in my reading-skills courses. ...
  • 濱, 奈々恵 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2015-03)
  • Myall, Joseph (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2014-03)
    Whereas the listening section of the TOEIC listening test includes conversations on where to go for dinner or what happened last weekend, the reading section focusses entirely on business, careers and finance. This is to ...
  • Thompson, Colin (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2016-03)
    This study investigated the effects of guided planning and task sequencing for improving students’ use of a grammatical feature known for its difficulty with Japanese learners: English relative clauses. The study consisted ...
  • 濱, 奈々恵 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2017-03)
    本稿はトリニダードからイングランドへ移住したSam Selvon(1923-94)の作品の中から、Moses Aloetta を主人公とするThe Lonely Londoners(1956)、Moses Ascending(1975)、Moses Migrating(1983)の「Moses 三部作」を選び、1950 年前後に移住したいわゆる「ウィンドラッシュ世代」(Windrush Generation)が直面した差別や偏見、そして ...
  • 山内, 勝弘 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2021-03)
  • 冬野, 美晴 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2013-03)
    本稿は,2012年度後期に大学1年生41名を対象に実施した英語科目の講義における,英語発音評価ソフトウェア「Global Voice CALL」の使用と,ソフトを使用した発音練習に対する学生からの評価を報告するものである。近年,コンピュータ技術の発展に伴って,音声認識技術を応用したスピーキング練習用のさまざまなソフトウェアやウェブベースの教材が開発されている。Global Voice CALL は主に英語のスピーキング練習と発音矯正を主 ...
  • 銅堂, 恵美子 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2015-03)
  • 単, 艾婷 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2021-03)
  • 秋山, 淳 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2011-03)
    動詞+結果補語を持つ構文( 以下VR 構文) は(A)“ 武松打死了老虎” の“ 打死” のように主語の動作が目的語に何らかの影響を与えるという使役的な意味を表すもののほかに(B)“你看完这本杂志了吗? ” の“ 看完” や(C) “ 他喝醉了” の“ 喝醉” のように非使役的な意味を表すものも存在する。一方,英語では中国語のVR構文に相当する(D)“John hit the metal flat” のような結果構文は(A)と同様に使役 ...
  • 秋山, 淳 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2012-03)
    アスペクト表現は,中国語教学上において,困難を極めるものの一つであると考えられる。本稿は,中国語のアスペクト表現,中でも“了”を伴う文が一体何を表現しているものなのかについて,先行研究を再整理し,中国語教育における補助的な役割を目指すものである。
  • 王, 宇南 (西南学院大学言語教育センターSeinan Gakuin University Center for Language Education, 2018-03)
    中国の八〇後文学において、「感傷」という言葉は重要なキーワードである。多くの八〇後文学作品が青春期の困惑と孤独をテーマに取り上げ、感傷的情緒を描いている。「感傷美」は八〇後作家が求める美学の一種であると思われる。実は、感傷的情緒を強調して描くのは八〇後文学に特有なものではない。古今東西を通じて多くの文学作品が人間の感傷的情緒に対して力を入れて表現してきた。人間の感情はきわめて豊富で複雑なものであり、幸せを謳歌する文学作品を愛読する読者も ...