経営者心理と販売戦略:過剰需要期待分析序論

Show simple item record

dc.contributor.author 仲澤, 幸壽 ja
dc.date.accessioned 2014-09-02T10:43:28Z
dc.date.available 2014-09-02T10:43:28Z
dc.date.issued 2004-06
dc.identifier.issn 0286-3294
dc.identifier.uri http://repository.seinan-gu.ac.jp/handle/123456789/644
dc.description.abstract この論文は、差別化された商品のモデルチェンジと販売促進活動の競争過程における経営者心理の変化が企業間の競争戦略を変化させていく過程を記述可能な動学モデルを提示し、いくつかの動学経路の態様を分類することを目的とする。モデルは単純な離散時間モデルであるが、生成される動学経路にはいくつものパターンがある。興味深い動学経路のパターンの代表的な例は、シュミレーションによる図解もなされる。競争戦略の変化は投下費用の変化を意味するので、原理的に景気変動の要因になりうる。すなわち、ここでのモデルは、経営者の心理的要因による景気変動の可能性を指摘するものである。日本銀行の短期経済観測調査を代表として、景気変動と経営者心理との関係は重要である。にもかかわらず、そのような経営者心理と景気変動との関係を分析する経営理論モデルは、ほとんど見当たらない。ここのモデルでは、いくつかの単純化の仮定をおくと、新たな差別化のための投資よりも販売促進活動のほうが、より大きく変動する構造になっている。また、経営者の需要予測の合計は、必ず過剰になることが自然であることも導かれる。 ja
dc.language.iso jpn ja
dc.publisher 西南学院大学学術研究所 ja
dc.title 経営者心理と販売戦略:過剰需要期待分析序論 ja
dc.contributor.transcription ナカザワ, コウジュ ja-Kana
dc.contributor.alternative Nakazawa, Koju en
dc.publisher.alternative Seinan Gakuin University Academic Research Institute ja
dc.type.niitype Departmental Bulletin Paper ja
dc.identifier.jtitle 西南学院大学経済学論集 ja
dc.identifier.volume 39 ja
dc.identifier.issue 1 ja
dc.identifier.spage 145 ja
dc.identifier.epage 192 ja
dc.textversion publisher ja
jpcoar.creator.nameIdentifierNRID 1000070188928
jpcoar.creatorAffiliation.nameIdentifierKakenhi 37105


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Browse

Link