健康教育プログラムで用いられるリラクセーション技法に関する基礎的研究 ―初学者の記述の分析―

Show simple item record

dc.contributor.author 花田, 利郎
dc.date.accessioned 2018-04-09T04:30:13Z
dc.date.available 2018-04-09T04:30:13Z
dc.date.issued 2018-02
dc.identifier.issn 18803830 ja
dc.identifier.uri http://repository.seinan-gu.ac.jp/handle/123456789/1459
dc.description.abstract 本研究の目的は、健康教育プログラムにおいてストレスへの対処方法の一つとして用いられるリラクセーション技法の、初学者の主観的反応について検討することである。調査対象者58 名は大学生であり、授業の中で、呼吸法、筋弛緩法、自律訓練法の順に、各技法を体験し、感想(自由記述)をレポートとして提出した。記述内容を分析した結果、どの技法においても多くの対象者が肯定的な心理的変化や各技法の教示に沿った身体的変化を報告した一方で、その種類については技法による違いがみられた。これらのことについて、各技法の課題としての特性の点から考察した。 ja
dc.language.iso jan ja
dc.publisher 西南学院大学 ja
dc.title 健康教育プログラムで用いられるリラクセーション技法に関する基礎的研究 ―初学者の記述の分析― ja
dc.title.alternative A Basic Study on Various Relaxation Techniques for Health Education Program - Analysis of Beginners’ Description - ja
dc.contributor.transcription ハナダ, トシロウ
dc.contributor.alternative HANADA, TOSHIRO
dc.type.niitype Departmental Bulletin Paper ja
dc.identifier.jtitle 西南学院大学人間科学論集 ja
dc.identifier.volume 13 ja
dc.identifier.issue 2 ja
dc.identifier.spage 139 ja
dc.identifier.epage 151 ja
dc.textversion author ja


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Browse

Link