第47巻1号 (2014)

 

このコレクションのアイテム

  • 福永, 俊輔 (西南学院大学学術研究所, 2014-05)
    一般に、因果関係とは、「原因―結果」の関係をいう。刑法学においては、実行行為と現に生じた結果との間に「原因―結果」の関係があるかという形で問題とされ、両者の間にそうした関係がある場合に、結果の実行行為への帰属がなされる。この因果関係は、とりわけ結果犯において、その成立のために必要な要件とされてきた。因果関係論は、長い間に渡ってわが国の刑法学における中心論点の一つとして数多の議論が積み重ねられ、現在に至っている。 因果関係をめぐる議論は、 ...
  • 毛利, 康俊 (西南学院大学学術研究所, 2014-05)
    2004年度にスタートした西南学院大学法学部のSA制度も、創設後10年を迎え、多様な形態のSAが活躍するようになった。本学部SAの特徴は、SAが下級生の学習支援にあたることに見られる。すなわち、SAが教員の事務補助にとどまらず、組織的かつ一定期間持続的に学生の学習支援にあたるというのは、今までのところ文系学部においては、非常に珍しいのである。このような取り組みが全国に広がらない理由の一つとして、SAが学習支援をするという場合には、SAが ...

View more

サイト検索


ブラウズ

リンク

RSS Feeds