文学作品を使った授業の実践報告 ―「コミュニケーション」の意味を模索して―

Show simple item record

dc.contributor.author 濱, 奈々恵 ja
dc.date.accessioned 2015-06-16T10:39:12Z
dc.date.available 2015-06-16T10:39:12Z
dc.date.issued 2014-03
dc.identifier.uri http://repository.seinan-gu.ac.jp/handle/123456789/1024
dc.description.abstract 本稿は平成25年度の2年次英語教育で,シャーロック・ホームズのテキストを使った授業の実践報告と,初回,及び学期末アンケートの結果を分析・考察するものである。近年,英語運用能力の中でも特にコミュニケーションが重視され,TOEIC,TOEFL,英検などの数値がコミュニケーション能力の評価に利用されることが多い。しかしこの「コミュニケーション」が指す意味は漠然としており,学生の間でも「英語を」話したいという意見は目立つものの,「英語で何を」話したいのか,具体化した意見はまれであった。現代社会が求めるコミュニケーション能力と,学生が身につけたい,あるいは身につけなければならないと考えるコミュニケーション能力,また外国語教員が考えるコミュニケーション能力が乖離している今,ことばに携わる教員として何をすべきか模索した。英語訳出による日本語力の向上,他者理解,異文化理解,会話の糸口を得るための情報収集と表現力の磨き方などを提示したところ,学期末に実施したアンケートからは,学生個々人に様々な学びがあったこと,また本当の意味での「コミュニケーション」を楽しめる素養を身につけた学生像が浮かび上がった。 ja
dc.language.iso jpn ja
dc.publisher 西南学院大学言語教育センター ja
dc.title 文学作品を使った授業の実践報告 ―「コミュニケーション」の意味を模索して― ja
dc.contributor.transcription ハマ, ナナエ ja-Kana
dc.contributor.alternative Hama, Nanae en
dc.publisher.alternative Seinan Gakuin University Center for Language Education ja
dc.type.niitype Departmental Bulletin Paper ja
dc.identifier.jtitle 西南学院大学言語教育センター紀要 ja
dc.identifier.volume 4 ja
dc.identifier.spage 41 ja
dc.identifier.epage 61 ja
dc.textversion publisher ja
jpcoar.creatorAffiliation.nameIdentifierKakenhi 37105


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Browse

Link