16世紀におけるドイツ固有の簿記の研究―複式簿記の歴史からその論理を求めて―

Show simple item record

dc.contributor.author 土方, 久 ja
dc.date.accessioned 2014-09-02T10:42:46Z
dc.date.available 2014-09-02T10:42:46Z
dc.date.issued 2011-09
dc.identifier.issn 0286-3324 ja
dc.identifier.uri http://repository.seinan-gu.ac.jp/handle/123456789/624
dc.description.abstract 筆者が6年前に世に問うた前々書『複式簿記の歴史と論理』を補完しようと,筆者は,これまでに,「ドイツ簿記の16世紀」,特に「16世紀におけるドイツ固有の簿記とイタリア簿記の交渉と融合」について取組んできた。この筆者の研究,「16世紀におけるドイツ固有の簿記の研究」を以下のように構成,まとめるにあたって,改めて,「問題の提起」と「問題の総括」を披瀝して,筆者の研究の趣旨を明確にしておくことにしたい。 ja
dc.language.iso jpn ja
dc.publisher 西南学院大学学術研究所 ja
dc.title 16世紀におけるドイツ固有の簿記の研究―複式簿記の歴史からその論理を求めて― ja
dc.contributor.transcription ヒジカタ, ヒサシ ja-Kana
dc.contributor.alternative Hijikata, Hisashi en
dc.publisher.alternative Seinan Gakuin University Academic Research Institute ja
dc.type.niitype Departmental Bulletin Paper ja
dc.identifier.jtitle 西南学院大学商学論集 ja
dc.identifier.volume 58 ja
dc.identifier.issue 2 ja
dc.identifier.spage 53 ja
dc.identifier.epage 75 ja
dc.textversion publisher ja
jpcoar.creatorAffiliation.nameIdentifierKakenhi 37105


Files in this item

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record

Search DSpace


Browse

Link