第52巻3号 (2005)

 

このコレクションのアイテム

  • 齋藤 靖 (西南学院大学学術研究所, 2005-12)
    本稿の目的は2つある。第1に,JCO臨界事故発生時の現場作業者による逸脱行為をヒューマンエラーの視点から検討することである。第2に,彼ら現場作業者に主要な焦点を当てたミクロレヴェルの分析では臨界事故の全体像を十分に説明することができず,さらに解明すべき問題が残されている点を指摘することである。臨界事故は,JCOの転換試験棟で行われていたウラン再転換加工作業の最終工程で発生した。現場作業者たちによる2つの逸脱行為が事故の直接的な原因になっ ...
  • 土方 久 (西南学院大学学術研究所, 2005-12)
    本稿は「ドイツにおけるイタリア簿記の発展」と題する論文の後段である。前段は本誌(『商学論集』(西南学院大学),52巻1号)に,中段は本誌(『商学論集』(西南学院大学),52巻2号)に公表したところである。複式簿記としては,ドイツに移入されることによって,イタリア簿記は,はたして発展されたか,発展されたのはどこかについて,1594年にGoessens, Passchierによって出版された印刷本『イタリア人の技法に拠る簡明な簿記』を解明し ...

View more

サイト検索


ブラウズ

リンク

RSS Feeds